草枕

夏目漱石

 山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。
文字サイズ
16px font-size: 16px;

文字送り
1px letter-spacing: 1px;

行長
272px(1行16文字) column-width: 272px;
[(16px+1px)x16w]

段間
51px(3文字分) column-gap: 51px;
[(16px+1px)x4w]

段数
3段 column-count: 3;

段組み全体の高さ
918px height: 918px;
[行長272px+段間51px+行長272px+段間51px+行長272px]